冨田さんのブログから・・・

1030b.jpg

冨田美穂さん

1979年東京都生まれ
2004年武蔵野美術大学造形学部油絵学科版画コース卒業
それ以降、北海道で牛にかかわりながら、牛の版画を作っています。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

10月も今日で終わりですね。

富田さんの作品展も、もうすぐ一ヶ月です。
その間、たくさんの方が見に来てくださっていて、
本当にありがとうございます。

そして、たいていの方が感想を書いてくれてます。
牛の瞳と対面して「何か・・・」を感じてくれたのでしょうね。

富田さんの書く文章も牛への愛情が感じられる暖かいものです。
それを丸ごとご紹介します・・・(パクリ・・・?・・じゃぁ、ないよね・・・?)

うしのつむじ


「388正面図」 2007 133cm×69cm 板目木版画
1030c.jpg


388は以前勤めていた牧場にいた牛です。 388の本名は、ポーテージ スタンレイ ティー。誕生日は1996年7月6日。私が出会ったころは、もう10歳にもなる、乳牛にしては長生きの、その牧場でも長老の牛でした。
牛にも人間とおなじように、いろんな性格があるわけですが、388は、いつもどっしり構えた、長老らしく動じない牛でした。
私が近寄っても、「ああ、また来たのね」という視線をチラッと投げて、一応においはかいでみるものの、またすぐ反芻を始める、そんな牛。私がなでたりさすったり話しかけても、あんまり喜んだりもしないけど、拒みもしない、いつもそばにいることをおおらかにゆるしてくれる。
よく牛舎の388のところに行きました。
言葉は通じないけれど、388はただ、その黒くて大きい瞳で見ていてくれました。
それが、私には、なによりありがたかったものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


388乳(搾乳後) 板目木版 43.5cm×32cm 2008

1030a.jpg

388のお乳を後ろから見た、多色刷り油性板目木版。
朝と夕方の搾乳の、合間の時間帯なので、お乳がしょんぼりしてます。
搾乳前にはぱんっと張ります。ふつうは。388はけっこう乳牛にしてはお年寄りなので、さほどでもないですが。
そのうちぱんぱんお乳の作品も作りたいものです



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

e女主人

Author:e女主人
☆東一条界隈の憩いの場、あるいは作品を眺めながらのコーヒーブレイク。
☆月に一度の企画作品展
☆ステンドグラスやデッサンなどの教室
☆貸ギャラリー、個人・グループの発表の場に

最新記事
カテゴリ
最新コメント
月別アーカイブ
最新トラックバック
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
検索フォーム
リンク
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

QRコード
QR
RSSリンクの表示